州*‘ o‘リつ[壁の落書き]

2006-02-06

感想

さて、2/5のレポを書いた人のに目を通して・・・

 

とりあえず、自分で直したい!上手くなりたい!って思ったら、やっぱり上手い人に聞くことだね。

せっかくサッカーバカな人たちがわんさかいることだし(ぉ

 

おいらもシュートのやり方がわからなくて、はじめさんやきょん♪さんにとりあえず聞いたもの。

ASDDのメンバーもうちのチームには強くなってもらいたいといってもらってることもあるので、快く教えてくれますし。

やっぱり、言われるまで待つんじゃなくて、聞くことが大事かなって。

自分の弱点を周りが把握してると思っちゃダメです。

経験の差は埋められないと思うけど、年齢や体格なんて大差がないから、技術的にできないことはやってないはず。

もちろんプロのテクニックとか参考になるんだろうけど、もっと身近な部分でやってみたほうが身につけやすいと思うし。

 

うちみたいな寄せ集めなチームをライバル視してくれてるASDDの方々にはホント感謝です。

 

さて、うちのメンバーのレポを読んでて一個気になったところ。

といっても、個人はてなのほうなんだが。

ちなみにはんちゃんのやつ(d:id:hunter-k)

今日の練習は最後の最後に大事なことに気づきました

相手選手とちょっと激しい競り合いになったとき

体がぶつかったり足がもつれたりして自分では無理しすぎたかなって思いました

でも後々、考えてみたらあんな思い切りのいいプレーをしたのは久しぶりでした

競り負けようがミスを恐れませんでした

何気ないプレーでしたが、自分には大事なことに気づいたプレーだったと思います

試合の大半はミスを恐れて、ボールをもらっても慎重に慎重に…って意識しすぎる自分

多少、失敗してもいいから白黒つけたプレーをする!

もちろん失敗しちゃいけないんですが( ̄▽ ̄;

逆に失敗を恐れて何もできなくなることが失敗かと。

これね。

こうゆうメンタルな部分はとっても大事だと思う。

たぶんみんなのどっかにはこうゆう壁になってる部分があるっておいらは思います。

 

おいらは今でこそガチにプレーしてますけど、はじめたころは相手が相手だからやっぱり遠慮しちゃうんですよ。

たとえば、「ケガさせちゃったら悪いよな~」とか、いらん気遣いをしてしまってました。

でも、WDKって言うチームがチームとして機能し始めて、責任って言うか、必死さを出さなきゃって。

本気で勝つ気なら、全力でぶつかって一喜一憂すること。

そうゆう考え方に変わってきましたね。

コレは推測だけど、何人かはそうゆうとこがあるんじゃないかなぁって思います。

だからどうしても消極的なプレイになってしまう。

そんな気がします。

それを「自分の技術が・・・」と思ってるんじゃないかなぁ?

「病は気から」じゃないけど、心の持ちようってのはプレーにも影響するし、逆にヘタな人間にでも直せる部分でもあるからね。

「勝利」が最終目標としても、常に「勝ち」のイメージを持って臨む。

おいらは上手くなるための練習じゃなくて勝つための練習を地盤として考えているのでね。

それだけ「勝ち」に貪欲でなければ、良いプレーもうまれないと思うし♪

 

なんか、上手くまとまらなかった気もするが、とりあえずこんな感じで。

hajimeshajimes2006/02/07 13:59聞かれればいつでも応えるし、聞かれなくても練習中にがんがん言ってくしw
わからなければ疑問をぶつけてもらえるのが一番うれしい。
んでもって、文字のほうがわかりやすそうなことはDDBlogにあげてくのでちょこちょこみてね♪